運用イメージ
MAJOR FLOW Z CLOUD 就業管理は、PCやスマートフォン、タイムレコーダで打刻した日々の勤務実績から
各種時間の自動計算や休暇管理、申請書の申請・承認などをシステム化し、集計したデータを給与システムや
原価管理システムに出力。充実した機能の数々で就業管理業全体の省力化を強力に支援します。
主な機能一覧
選べる打刻方式
出勤・退勤の重要なエビデンスとなる打刻。MAJOR FLOW Z CLOUD 就業管理では下記のように、
様々な打刻方式に対応しています。CSVファイルの取り込みが可能なため、様々な打刻端末との連携が可能です。

勤務表の日次入力欄
Web打刻
MAJOR FLOW Z CLOUD 就業管理のTOP画面に表示された打刻ボタンを利用して出退勤時刻を打刻します。
スマートフォン打刻
スマートフォンを利用し、ブラウザに表示された打刻ボタンを利用して出退勤時刻を打刻します。
タイムレコーダ
タイムレコーダで打刻した時刻を勤務表に反映します。
対応端末
  1. PitTouch Pro2 勤怠パッケージ
    (株式会社スマートソリューションテクノロジー)
CSVファイル取込
PitTouch Pro2以外のタイムレコーダや入退室管理システムをご利用されている場合、その端末からCSV出力した打刻や入退室記録を打刻実績として取り込むことができます。
特  長
  1. 取込み用レイアウトを設定可能。
  2. 打刻種類は出社/退社/公用外出/公用戻り/休憩/休憩戻り/私用外出/私用戻りを設定可能。
打刻位置情報取得
打刻時にPC、スマートフォンのGPS情報を取得することも可能です。
社内周知を行うことで不正を防ぐ牽制効果を見込めます。
顔 認 証
出勤・退勤の打刻にはスマートフォンやタブレットのカメラを利用した顔認証も可能です。
打刻用のICカードの発行・管理が不要なため、アルバイトや人の出入りが多い業種で活用されています。

※画面は開発中のもののため、予告無しに変更になる場合がございます。
利用パターン
  1. 共有端末
    オフィスの入り口などにタブレットを配置し複数の人で利用する方法。
  2. 個人端末
    個人のスマホでユーザを限定して1人で利用する方法。
主な機能
  1. 顔認証打刻
    顔認証を行いユーザを特定し打刻を行います。(MFZTへの連携)
  2. 打刻履歴の確認
    顔認証打刻から打刻を行った履歴を確認できます。
    ※共有端末の場合は直接確認不可。管理者が管理画面から確認可能。
  3. 再送機能
    ネットワークが不安定になった場合に、打刻情報を端末に保持し、ネットワークが復旧したときに保持した打刻情報を送信する機能。
勤務表TOPページ
状況の確認
勤務表TOPページでは指定した月の実績やプロジェクトの集計値、届出の承認状況が 確認できます。閾値を設定し、その値を超える場合には背景色を変更し、TOPページ上で警告を促すこともできます。
勤務表TOPページ
勤 務 表
月毎の勤務実績を入力・集計する画面です。残業や有給取得などの届出も行えます。打刻した実績を元に
リアルタイムに日単位、週単位、月単位に実績を集計。各集計項目は任意の項目を設定する事ができます。
勤 務 表
  1. 日次集計欄に入力した勤務実績から各集計項目をリアルタイムに集計します。
  2. 日次、週次、月次の各表示項目は自由に設定頂けます。
  3. 入力内容に不備がある場合や申請書が申請されていない場合には該当箇所にアラートを表示します。
  4. 週次、月次の各集計項目は閾値を設定でき、閾値を超えた場合に色を変えてアラートを表示できます。
  5. 実績入力は手入力の可否を設定できます。
  6. 残業時には残業申請を必須にすることも設定できます。
日次確定による二段階チェック
日次確定を利用する場合の運用イメージ
POINT
日々の勤務実績を上司がチェックし、チェックなしで締め処理を不可にすることができます。上司が部下の勤務状況を把握することで過重労働や有休未取得などの早期発見につながります。
※日次確定を行わない運用も可能です。
用途に応じた6パターンの入力方法
プロジェクト工数の入力は用途に応じて階層は最大3階層(プロジェクト/工程/タスク)、
入力単位は 「月単位or日単位」を組み合わせた6パターンの中から選択できます。
POINT
①、②勤務表の合計時間に対し、入力したプロジェクト工数の割合がリアルタイムに表示されます。
①「日」単位でのプロジェクト入力画面
②「月」単位でのプロジェクト入力画面
POINT
③プロジェクトは最大3階層まで設定可能。 勤務形態ごとに何階層迄利用するか設定できます。
※右の図は2段階を設定した場合
③「日」単位で入力する「プロジェクト+工程」入力画面
プロジェクト工数管理
日々の勤務実績時間をプロジェクトに振り分けて管理できます。プロジェクト毎に振り分けた勤務実績は
プロジェクト毎に集計し、原価管理システムなどへCSV形式でデータ出力することができます。
勤務表(月次集計)
プロジェクト入力画面
POINT
  1. プロジェクトは最大3階層(プロジェクト/工程/タスク)まで細分化できます。
  2. プロジェクトの割り当てに未入力や過不足がある場合にはアラートメッセージが表示されます。
  3. プロジェクトは利用期間を設定できます。
  4. プロジェクトは社員別、プロジェクト別に月次集計できます。
プロジェクトマスタの絞り込み
従業員ごとに勤務表で選択できるプロジェクトを自動的に絞り込むことが可能。部門によって担当する
プロジェクトが異なったり、他部門にプロジェクトを公開したくない場合に活用頂けます。
勤務表:プロジェクトマスタ選択画面
プロジェクト絞り込みの例
  1. 部署によって担当するプロジェクト範囲が異なる場合に利用可能です
  2. 他部門にプロジェクトを公開したくない場合に利用可能です。
  3. 全社員がプロジェクトを選択可能にする場合は設定不要です。
未入力時間の自動割り当て
プロジェクトの未振り分けの勤務実績を不足時間ではなく、特定のプロジェクトに設定することができます。
担当しているプロジェクトが基本的に固定の場合、プロジェクト振り分けの手間が不要になります。
使用例:PRJ002:△△プロジェクトを指定している場合
POINT
勤務実績を入力すると2日のように実働時間が全て指定のプロジェクトに振り分けられます。1日のように○○プロジェクトに実績時間を割り当てると余った時間は指定した△△プロジェクトに割り当てられます。
  1. 工程、タスクを入力する勤務表では使用できません。
  2. 勤務表入力で該当プロジェクトを選択する必要があります。
スマートフォン入力
プロジェクト工数入力はスマートフォンからの入力にも当然対応しています。スマートフォンの縦長の
画面にレイアウトされた入力画面から、PCと同じように実績時間を割り当てることができます。
プロジェクト入力画面(スマートフォン)
申請・承認ワークフロー
休暇申請書
勤務表
標準搭載
MAJOR FLOW Z CLOUD 就業管理は、休暇取得や残業など就業管理に必要なワークフローを標準搭載。
ワークフローで決裁された申請書の記入内容は、勤務表に自動的に反映されるので突き合わせ作業も簡単です。
MAJOR FLOW Z CLOUD 就業管理 申請書一覧
休暇申請書
各種休暇の申請書
休暇種別は、勤務表のマスタと連動しており、勤務表にて設定した届出のリストが表示されます。
時間年休にも対応しています。
遅刻・早退申請書
出退に関わる部分欠勤の申請書(遅刻、早退、電車遅延など)
例えば、遅刻の申請が承認された場合、届出欄に「遅刻」が自動セットされ、
当日の勤務表の出社時間欄に出勤打刻がセットされます 。
直行直帰・外出申請書
直行、直帰や出張、外出など、会社には出社していない場合の申請書
例えば、直行の申請が承認された場合、当日の出社時間欄に申請時刻が、 届出欄に「直行」が自動セットされます 。
残業申請書
残業を行う場合の申請書
上長承認を通ることで、残業命令であるという承認履歴に残ります 。
休日出勤務申請書
休日勤務の申請書
上長承認を通ることで、休日勤務命令であるという承認履歴に残ります 。
シフト変更申請書
登録済シフトの変更申請書
シフト変更申請書が承認された場合、勤務表の当該日のシフトが変更されます。
打刻修正申請書
登録済みの打刻時間の間違いや打刻漏れを申請で修正します。
  1. 申請書の名称は自由に編集可能です。
  2. 休暇申請で選択できる休暇の種類や名称は自由に編集可能です。
  3. 取消申請にも対応しています。(打刻修正申請書除く)
休暇申請書
直行直帰・外出申請書
目的に合わせて申請書を分けて運用可能
利用目的に合わせて同じ申請書を複数に分けて、それぞれ別の申請書として利用可能です。用途に合わせて
別の申請書として運用したり、同じ申請書でも部署やグループに応じて変えることができます。
利用例
 休暇申請書を通常の休暇申請書から特別休暇のみを抜き取り、設定した特別休暇申請書を設定し、通常の休暇申請書とは別に運用する。等
打刻実績の内容を申請書で修正
POINT
打刻漏れや打刻ミスの修正を行う「打刻修正申請書」を利用し、実績欄の手修正を不可に設定することで、 実績修正には上司の承認が必須となり、正確に上司が部下の勤務状況を管理・把握できるようになります。
多彩なアラート機能
就業規則に合わせ、規定違反時にはホーム画面や勤務表など、さまざまな場所にアラートを出せます。
アラートはメール通知にも対応、本人だけでなく、上司にもアラートメールを自動送信できます。
POINT
  1. ホーム画面には全てのアラートが表示されます。
  2. 勤務表は日ごとにアラートが表示されるので該当箇所とエラー内容を即座に把握し、修正を促せます。
  3. 内容に応じてアラート(締め処理可)とエラー(締め処理不可)を設定できます。
  4. 残業などの月次集計値が閾値を超えた場合にはエラーメールの送信も可能です。
  5. アラート専用の検索画面も用意しています。(CSV出力可能)
ホーム画面
勤務表
さまざまな勤務形態に対応
MAJOR FLOW Z CLOUD 就業管理では通常勤務の他、シフト勤務やフレックスタイム制、変形労働など
さまざまな勤務形態に対応。企業ごとの就業規則に合わせて集計方法を細かく設定することができます。
通 常 勤 務

一般的な勤務形態で、就業規則に定められた出社時間、退社時間に仕事をする勤務形態です。

シ フ ト 勤 務

勤務時間がある特定の1種類に固定されず、日ごと或いは一定の期間ごとに、複数の勤務時間を移動する形態勤務です。

※1日2勤務となる場合も対応可能です。

フレックスタイム制
一定の期間についてあらかじめ働く時間の総量(総労働時間)を決めた上で、日々の出勤・退勤時間や働く長さを労働者が自由に決定できる勤務形態です。 ※コアタイムなしのスーパーフレックスにも対応してます。
変形労働勤務 (月単位)
1ヶ月の間に繁閑がある場合、勤務日ごとに個別に労働時間を定め、法定労働時間1か月以内の労働時間を平均し、1週間あたりの労働時間が40時間以内になるような勤務形態です。
時 短 勤 務
育児・介護休業法の対象となる従業員の勤務時間を原則6時間に短縮が可能です。
※就業規則に合わせて5時間45分などの設定も可能です。
時 給 勤 務
パートやアルバイトのような時給で勤務する労働者向けに定時を定めず、実労働時間を集計できます。
月の開始日を自由設定可能
15日締めの場合、16日を月の開始日に設定でき、1月分または2月分どちらの勤務実績にするか指定可能です。(集計期間:1月16日~2月15日)
会社毎の特別休暇も設定可能
2月1日が創業記念日の場合、特別休暇に設定できます。
1月
2月
2月
年休の自動付与・失効
年休与日数設定画面
POINT
勤務月数や出勤率から年休の付与日数を算出し、年休付与日に自動的に付与します。有効期限を設定して失効も自動化できるので、煩わしい年休管理に関する業務が不要になります。
振休・代休管理
休日出勤時の振休および代休の管理を自動化。従業員は勤務表で自分の振休・代休のリアルタイムに
状況確認でき、上司や就業管理者は専用画面から振休・代休の状況を一覧表で確認することができます。
年休確認画面(勤務表)
代休・振休対象一覧
  1. 振休は対象となる休日出勤日を紐づけて管理することができ、振替対象がない場合には勤務表上にアラートを表示できます。
  2. 代休が複数貯まっている場合、自動的に有効期限内の古いものから自動的に消化します。
  3. 代休は有効期限を設定できます。
特別休暇の管理
介護休暇や育児休暇など企業毎の特別休暇を設定し、取得状況を管理できます。夏季休暇やリフレッシュ
休暇など、取得期間が限定されるものは期間を指定可能、各種休暇の残数管理も行えます。
勤務表(月集計)
  1. 勤務表の月集計欄に特別休暇の残日数を表示できます。
  2. 特別休暇は休暇種別毎に有効期限を設定できます。
  3. 取得単位は1日、半日、時間から設定できます。
    (看護休暇・介護休暇の時間単位取得にも対応)
  4. 上司や就業管理者は検索画面から部下の状況や未取得者を確認できます。
管理者による計画年休の一斉付与
創業記念日などの計画年休の取得を就業管理者から対象者へ一斉に取得させることが可能。社員が個別に
申請手続きをする必要がなくなり、一斉年休時のアナウンスなどの手間を省くことができます。
一斉年休等の付与設定画面
一括解決
従業員が個別に申請する場合の課題
  1. 休暇申請を申請・承認する作業が大変
  2. 特別休暇の申請を促すアナウンスが大変
  3. 特別休暇の申請漏れの確認が大変
  4. 気付かずに休日出勤してしまう可能性がある

一斉付与で課題をまとめて解決!
動的な法定休日を設定可能
法定休日の設定を日付や曜日の指定以外にも、連続勤務に合わせて可変で設定できます。具体的には
毎週○曜日を法定休日にするのではなく、対象週の最後の休日を法定休日とすることができます。
例.週の初めを日曜日とし、可変法定休日を設定した場合
  1. 週の起算日は任意の曜日を設定できます。
各 種 集 計
自身や部下の勤務状況を日次や週次/月次など/様々な角度から集計できます。
集計結果は任意の項目を設定でき、結果はCSVファイルで出力できます。(一部の集計表を除く)
集計表一覧画面
部署名や社員名などで絞り込めます
日次集計のイメージ
週次集計のイメージ
月次集計のイメージ
集計表をカスタマイズ
集計表に表示したい項目や抽出条件を指定する事で、お客様独自の集計表を作成して頂けます。
就業規則や運用に合わせて、ノー残業デーの残業者リストや深夜残業者リストなども作成可能です。
集計表作成画面
集計表設定例
■ノー残業デー
■20時以降退社
■フレックス不足
■遅刻早退回数・時間一覧
■出退勤インターバル
■深夜勤務日数
■休憩確認表
■月間残業時間
■一周一休チェック
■勤務表月次末申請一覧
■年休取得実績
■秋所定内時間超過
36協定チェック
36協定の基準に合わせて、時間外労働が月45時間超過や3か月連続月45時間超過の社員を抽出できます。
月間の残業時間や深夜日数集計、1週1休のチェックなど、過重労働管理に必要な集計も設定できます。
管理集計画面
  1. 表示項目は任意の形に設定できます。
  2. 出力時に部署や社員などで絞り込めます。
  3. 出力結果をCSV出力できます。
  4. 参照権限のある従業員のみが出力の対象になります。
月間残業時間(45時間以上)の出力イメージ

年間超過回数(残業月45時間以上)の出力イメージ
年休取得状況を一覧出力
対象期間を設定し、年休の取得状況を一覧画面で確認可能です。取得日数などによる絞込みができるので、
法律で義務付けられている、5日の年休を未取得の社員を抽出し、有給取得を促すことができます。
休暇取得数検索画面
休暇取得状況一覧
勤務間インターバル
POINT
従業員の前日の退勤から翌日の出勤までの時間(休息時間)の状況を一覧表で確認できます。休息時間が短い場合には勤務表にもアラートが表示されます。
※休息時間は任意の値を設定いただけます。
60時間超の時間外労働集計
POINT
月間60時間を超える時間外労働時間の集計に対応。労働基準法で定めれれている法定割増賃金率が
50%以上となる時間外労働時間の集計も簡単に行え、厳密かつ適切な給与計算の実現を支援します。
60時間を超える時間外労働時間集計の設定イメージ
スマートフォン対応
画面の小さいスマートフォンでも操作しやすいように、スマートフォン専用画面をご用意。
スマートフォンの小さな画面からでも快適に打刻や実績の入力やワークフローの申請・承認が行えます。
スマートフォン利用時のイメージ

TOP ページ

勤務表画面

日次入力画面

給与システム・原価管理システム連携
勤務表に入力された内容から就業時間や残業時間、プロジェクト工数などを集計し、CSVデータを出力して
給与システムや原価管理システムと連携可能。出力フォーマットは任意のレイアウトに設定していただけます。
  1. CSVデータのフォーマットは任意の形に設定できます。
  2. 集計方法はプロジェクト/プロジェクト+タスク/プロジェクト+工数+タスクから選択頂けます。
  3. 集計方法は日別、月別、部署別、社員別から選択頂けます。
シフト作成システム連携
シフト勤務を利用する場合、シフト作成システムで作成したデータを取り込み可能。取り込んだ
シフトデータが勤務表に自動的に反映され、従業員が日々のシフトパターンを選択する手間を削減できます。
勤 務 表
年休管理簿
2019年4月に施行された、働き方改革関連法案で義務付けられた年休管理簿をExcel形式で出力。
年休管理簿は出力時に、年休付与日、入社日などで出力条件を指定できます。
XLS出力

年休管理簿検索
年休管理簿(Excel出力結果)
資 料 請 求
無料トライアル
カタログDL
ページTOPへ