社内の申請承認システムを集約するメリット

公開日時:2022年6月8日
ワークフローシステムの利用用途といえば、まずは稟議書や報告書、諸届が
思い浮かぶと思いますが、実はそれだけにとどまりません。

外出した時の交通費精算や請求書の支払、病欠した際の休暇申請など、
あらゆる業務に「申請・承認」はつきまといます。

経費精算システムや勤怠管理システムなど、業務特化のシステムに
申請・承認を行うワークフロー機能が搭載されているものがあります。

ですが、そのような場合、いざ運用をはじめてみると、
システムがバラバラであることから様々な課題がでてくることがあります。
それらの課題を解決するのが充実したラインナップが特長のMAJOR FLOW Zです。

そこで今回は、ユーザや管理者など、様々な立場から社内の申請・承認を1つのシステムに
集約した場合のメリットについて、ご紹介させて頂きます。
※お申込時にご登録頂いたメールアドレスに資料をダウンロードするためのURLをお送りします。
お役立ち資料
資 料 請 求
無料トライアル
カタログDL
ページTOPへ