DXが目指す業務効率化のキモは「システムの一本化」

公開日時:2021年9月10日
 新型コロナウイルスの流行や少子高齢化による労働人口の減少など、昨今の社会問題に際して、
これまで紙媒体で行われてきた諸手続きや、オフィスへの出社が前提だった業務等を電子化することから、
DXに取り組み始めている企業も多くなってきています。

 様々な場面で“スピード感”が求められる現代のビジネスシーンにおいて、各種業務のペーパーレス化は、
どの企業も必ず越える必要がある最初の関門といえるでしょう。特に申請・承認業務が絡む書類の
ペーパーレス化の実現とDXの取り組みには、時代に即して変化をしていく法令にも対応しやすい
「クラウド型のワークフローシステム」を導入する傾向にあります。

 本資料では、どのような点を考慮してワークフローシステムを導入すれば、
より効率的な電子化が図れるのでしょうか?システム導入時に発生する課題には
どのようなものがあるかご紹介いたします。
※お申込時にご登録頂いたメールアドレスに資料をダウンロードするためのURLをお送りします。
お役立ち資料
資 料 請 求
無料トライアル
カタログDL
ページTOPへ